そぷらブランド「21℃」の断熱性能って??Blog

2020.11.26

そぷらブランド「21℃」の断熱性能って??

 今回は、そぷらブランド「21℃」の断熱性能についてご紹介します。

「21℃」は、内断熱と外断熱のW断熱です。
基礎断熱と外断熱はフェノバボードを採用しています。

 フェノバボードは、微細な気泡に高断熱ガスを密閉することで高い断熱性能を実現します。また、断熱ガスが抜けにくく、断熱性能が低下しにくい、高い独立気泡を有しているので、他の発砲プラスチック断熱材に比べて断熱性能の経年変化が少ないです。熱にも強く、炎が当たっても燃え広がりにくい性質をもっていまです。F☆☆☆☆に該当し、非フロンガスを使用している為、環境にも身体にも影響が少なく安心して使用することができる材料です。

 

基礎断熱は90mmの厚さを貼ります。↓↓↓

 

外断熱は20mmの厚さを貼ります。↓↓↓ 

ボード同士のジョイント部分は断熱性能が落ちないように気密テープをしっかりと貼ります。

 

内断熱は吹付の硬質ウレタンフォーム「フォームライトSL50-α」を採用しています。
形成された断熱材の内部はほとんどが空気であり、環境負担が少ない材料です。内部ガスが空気であり、こちらも断熱性の劣化がありません。断熱材に伸縮がある為、建物の形に追随し、気密性が保持されます。

 

天井断熱は150mmの厚さを吹き付けます。↓↓↓

内断熱は90mmの厚さを吹き付けます。↓↓↓

お家を丸ごと断熱材で包むので魔法瓶のように夏は涼しく冬は暖かく快適に過ごすことができます。

ご興味がある方は、モデルハウスに遊びにくてください♪

宿泊体験も実施しているのでゆっくりと体感することができますよ~♪

そぷら163日前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です